東武野田線 馬込沢駅 0分

tel. 047-404-6005

WEB予約

馬込沢ふじい皮ふ科

検査・手術

Beauty dermatology

検査

検査・手術

真菌検査

白癬菌(水虫)、カンジダなどを確認する検査です。
皮むけや水ぶくれを少し取り、そこに真菌がいないか検査します。数分で結果が分かります。

培養検査

皮膚、膿、傷などから、細菌・真菌の有無や菌名を確定したりするための検査です。検出された菌に対して効果のある薬を選択する重要な検査です。

アレルギー検査(血液検査)

食物アレルギーや蕁麻疹、花粉症などが疑われるときにします。
アレルギーはⅠ~Ⅳ型まであり、有名なものは花粉症や食物アレルギーなどのⅠ型(即時型)と、毛染め液かぶれや金属アレルギーなどのⅣ型(遅発型)です。

Ⅰ型(即時型)アレルギーでは、血液検査を行います。
疑われる物質が明らかなときはその物質を選択し、はっきりしていないときは、花粉症、食物、吸入系などカテゴリーごとの検査も可能です。
あるいは「VIEW39」という吸入系+食餌系がセットになったお得な検査もあります(39項目を13項目の価格で検査できます。3割負担で約5000円)
※血液検査は12歳以上とさせて頂いております。

アレルギーセット一覧表

パッチテスト

毛染め剤や金属による接触皮膚炎(かぶれ)はⅣ型(遅発型)アレルギーのことが多く、パッチテストを行います。かぶれの原因を特定できます。
ジャパニーズスタンダードアレルゲン25種類のうち21種類に対応した検査ができます。
染料、防腐剤、香料などがあり、詳細はこちらをご覧ください。

検査スケジュール

1日目 パッチテスト貼付
3日目 パッチテストをはがして、1回目の判定
4日目 2回目の判定
7日目 3回目(最終)の判定

検査は、計4回受診する必要があります。
3日目にパッチテストをはがすまでは、貼付部位を濡らすことができませんので、この間は入浴不可となります。

※7月~9月はやっておりません。
※金属アレルギー検査(歯科金属など)は行っておりません。

DLST検査(薬剤リンパ球刺激試験)

薬疹の場合は、DLSTという血液検査があります。
特定の薬剤が関与しているか否かを知るために有用な検査です。
※予約制です。平日午前のみ行っております。検査希望の薬剤を1錠ご持参下さい。

病理検査

皮膚の病気は、見た目だけでは診断できないことが少なくありません。
皮膚生検は、診断をより正確なものにするために、皮膚の一部を採取し病理検査を行います。

方法

局所麻酔後に3~5mmの皮膚を切除します。およそ15分くらいかかります。病理専門医が病理標本を作り、顕微鏡で細胞などを観察します。
結果がでるまで、1~2週間くらいの時間を要します。
正確に診断することで、その後に適切な治療を選択できます。

治療

治療

紫外線療法(エキシマライト)

病変部のみに照射できる紫外線治療器です。
波長308nmで、他の光線療法に比べ光強度が高く、照射時間が非常に短いのが特長で、臨床効果や適応の拡大、安全性など、様々な面から注目されています。
スポットサイズは5×3.5cmで、1照射3秒程度です。またクォーツチップを使うことで、小さい病変にも対応できます。
毎日照射することもできますが、週1~2回をお勧めしております。

<保険適応>
乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、結節性痒疹、円形脱毛症など

<副作用>
軽度のやけど、色素沈着があります。
※光線過敏がある方、免疫抑制剤を内服中の方は照射できません。

紫外線療法

紫外線療法

乾癬
乾癬治療前
治療前
乾癬治療後
治療後
  • 治療内容:エキシマライトを照射(35歳男性)
  • 照射量:600~900mJ/cm2
  • 治療回数:4回
  • 治療費用:保険点数340点(照射面積に関わらず一律)
    3割負担で1,020円、2割負担で680円、1割負担で340円かかります。
  • 主なリスク:発赤、熱傷などが起こる場合があります。
白斑
白斑治療前
治療前
白斑治療後
治療後
  • 治療内容:エキシマライトを照射(57歳女性)
  • 照射量:100~500mJ/cm2
  • 治療回数:5回
  • 治療費用:保険点数340点(照射面積に関わらず一律)
    3割負担で1,020円、2割負担で680円、1割負担で340円かかります。
  • 主なリスク:発赤、熱傷などが起こる場合があります。

手術

検査・手術

ほくろ

準備中

粉瘤

粉瘤とは、皮膚の中に袋ができ、角質などがたまってできる良性腫瘍です。
手術では、局所麻酔をしてから、粉瘤の中央にある開口部を含めて皮膚を切開し、そこから中の袋を取り除きます。止血を確認し、中縫いと外縫いをします。外の糸は抜糸が必要です。

脂肪腫

準備中

けがの縫合

局所麻酔での手術に対応しております。