東武野田線 馬込沢駅 0分

tel. 047-404-6005

WEB予約

馬込沢ふじい皮ふ科

小児皮膚科

Pediatric department of dermatology

小児皮膚科

赤ちゃん、子供の皮膚は成長過程にあり、皮膚が薄く、皮脂分泌量が不安定で免疫が未発達です。そのため皮膚トラブルが起こりやすく、とても繊細です。
また保育園や小学校などの集団生活で、水いぼやとびひ、水ぼうそうなどになる機会が多いです。

かぶれ(あせも、オムツかぶれ)

あせもはエクリン汗腺の閉塞によりできる赤い湿疹です。
オムツかぶれは、湿ってふやけた皮膚が擦れたり、汗や尿の刺激で炎症が起きます。尿や便が長時間肌に触れていると、尿のアルカリ成分や便の消化酵素でさらに悪化します。

治療

清潔に保つため、優しく洗って拭きます。おむつかぶれのときは、おむつをこまめに交換したり保護のため保湿剤を塗ることも予防になります。
それでも赤い湿疹ができたり痛がるときはステロイド軟膏を塗ります。

乾燥肌

準備中

治療法

準備中

虫刺され

準備中

治療法

準備中

イボ(手足のイボ、水いぼ)

準備中

治療法

準備中

とびひ

細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。かきむしった手を介して、水ぶくれ(水泡)があっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ている為、「とびひ」とよばれています。

とびひは、虫刺されや汗疹を掻いたり、小さな怪我でできた皮膚の傷に細菌が入り込み、感染する事で発症します。

治療法

準備中

水痘(水ぼうそう)

水痘帯状疱疹ウィルスは、空気感染、飛沫感染、接触感染のいずれかの方法で感染していきます。水疱瘡の最も顕著な症状は発疹です。体のいたるところに発疹が出ますが、発疹の数や程度には個人差があります。初めは虫刺されに似た小さな発疹ですが、それが一気に周囲に広がり始め、発疹自体が赤い水ぶくれのようになるのが特徴です。

この水疱は1週間~10日程度でかさぶたになり、徐々に剥がれて元の肌に戻ります。ただし、水疱をかきむしってしまった場合には、痕が残ることもあります。

治療法

準備中

伝染性紅斑(リンゴ病)

準備中

治療法

準備中

手足口病

夏風邪の一種で、手、足、口の中に水疱ができるのが特徴です。
生後6ヶ月くらいから、4~5才ころの乳児に多い病気です。せきや唾液などの飛沫感染のほか、便からもウィルスが排泄されて口からうつったりします。潜伏期間は3~5日くらいです。手足や口に特有の発疹がでます。手のひら、足の裏、口の中に、周辺が赤くて真ん中が白い、米粒大の水疱ができます。足の甲やおしりにできることもあります。

痛みやかゆみはありませんが、足の水疱が少し痛がゆいこともあります。熱は出ても37~38度くらいで、1~2日で、たいてい下がります。ときに下痢や嘔吐を伴うこともあります。

治療法

準備中

麻疹(はしか)

麻疹ウイルスによる感染症です。潜伏期は2週間くらいで、38度以上の発熱と風邪症状がでます。その後、いったん解熱しますが再度発熱し、全身に皮疹が生じます。
感染力は強く、空気感染によって移り、罹患後は終生免疫を獲得します。

麻疹

治療

安静、解熱薬など対症療法です。
学校保健安全法により、解熱後3日経過するまで出席停止措置となります。
ワクチンがあり、予防接種法により2回MRワクチンを接種します。

風疹(三日はしか)

風疹ウイルスによる感染症で、飛沫感染します。潜伏期は2〜3週間で、発熱と皮疹が同時にみられ、耳後ろや首のリンパ節が数週間腫れます。

治療

安静、解熱薬など対症療法です。
学校保健安全法では発疹が消退するまで出席停止です。罹患後は終生免疫を獲得します。
妊娠早期に妊婦が罹患すると、児に先天性風疹症候群を起こすことがあります。
ワクチンがあり、予防接種法により2回MRワクチンを接種します。