東武野田線 馬込沢駅 0分

tel. 047-404-6005

馬込沢ふじい皮ふ科

一般皮膚科

Dermatology

一般皮膚科

皮膚は人体で最大の臓器であり、疾患は多岐にわたります。 蕁麻疹から、乾燥による湿疹、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫など、目に見えるものすべてです。毛髪、爪、汗なども皮膚疾患になります。

アトピー性皮膚炎

増悪と軽快を繰り返す痒みのある湿疹で、アトピー体質(家族歴、アレルギー素因)を持つことが多いです。

治療法

1.薬物療法

外用薬

治療の基本はステロイドあるいはプロトピック外用薬を使います。 ステロイドを塗ることで、皮膚が黒くなることはありません。

内服薬

かゆみに合わせて、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などを使います。免疫抑制剤を使うこともあります。

注射

なかなか改善しない場合、定期的に打つ皮下注射があります。

2.スキンケア

皮膚を清潔に

汗や唾液はアトピー性皮膚炎の悪化原因です。毎日入浴し、皮膚炎部位も含めて優しく洗いましょう。

保湿剤

乾燥した皮膚は皮膚バリア機能が低下しています。外界の刺激物の影響で皮膚炎が悪化しますので、保湿剤を継続して塗ります。

3.悪化因子の検索と対策

乾燥、ハウスダストやダニなどの環境アレルゲン、せっけん・洗剤のすすぎ残し、ストレス・生活リズムの乱れなども悪化因子となります。

皮脂欠乏性湿疹

皮脂が減少すると角層は外からの刺激を受けやすくなります。炎症が加わって湿疹になった状態が皮脂欠乏性湿疹です。
冬に多く、高齢者の膝下にできやすいです。

治療法

保湿剤を使用するだけで予防効果があります。湿疹化してしまったらステロイド外用が必要です。
また入浴時に洗いすぎないことも大切です。

脂漏性皮膚炎

皮脂分泌の多い部位、特に頭、顔、ワキにできる皮膚炎です。
日常よくみる疾患ですが、赤みやふけ、痒みを伴います。マラセチア(皮膚にいるカビ)が関与しているといわれています。
新生児から3カ月くらいまでの赤ちゃんと、思春期以降の成人に多く、赤ちゃんでは自然治癒することが多いのですが、成人では慢性かつ再発性です。

治療法

保湿剤を使用するだけで予防効果があります。湿疹化してしまったらステロイド外用が必要です。
また入浴時に洗いすぎないことも大切です。

接触皮膚炎(かぶれ)

アレルギー性接触皮膚炎は、化粧品、毛染め料、香水、アクセサリーの金属、ゴム製品や皮革の加工に使われる化学物質、植物、果実、外用薬・消毒薬・点眼薬など、身のまわりにある無数のものが原因になりえます。
原因を特定する場合は、「パッチテスト」を行います。
パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないように気をつけることが大切です。

乾癬

銀白色の鱗屑(フケのようなもの)を伴った、直径1~数cmの紅斑ができる慢性疾患です。
全身にできますが、頭、肘、膝、お尻などこすれる部位にできやすいです。爪が凹んだり白濁することもあります。

治療法

外用薬

ステロイド軟膏、ビタミンD3軟膏の塗り薬による治療が基本です。

内服薬

外用薬で良くならない場合は、アプレミラストやレチノイド、シクロスポリンを内服します。

光線療法

外用療法を続けながら、紫外線を当てる治療も行われます。

注射

これらの治療で効果が得られないときには、生物学的製剤による治療が行われます。

掌蹠膿疱症

手のひらと足の裏に小さな水ぶくれや膿ができ、慢性に経過します(膿にばい菌はいません)。 10%くらいの人に胸の関節痛(胸肋鎖骨間骨化症)を合併します。
原因は不明です。喫煙者に多く、扁桃炎、虫歯、副鼻腔炎、中耳炎などの病巣感染や、歯科金属などの金属アレルギーの関与が示唆されています。

治療法

禁煙、虫歯の治療

外用薬

ステロイド軟膏、ビタミンD3軟膏の塗り薬による治療が基本です。

光線療法

外用療法を続けながら、紫外線を当てる治療も行われます。

ニキビ(尋常性ざ瘡)

毛孔に一致した膿疱ができる慢性疾患です。青年期に多く、顔、背中、胸などの脂漏部位にできやすいです。

規則正しい生活など日常生活の改善と、丁寧な洗顔を心がけることが第一です。
治療薬としては、ニキビの状態に合わせて、外用薬(抗菌薬、過酸化ベンゾイル、アダパレン)や内服薬(抗菌薬、ビタミン剤、漢方薬)などから組み合わせます。
ケアが不十分だと痕が残りますので、早めの治療が大切です。ニキビ痕の瘢痕にはステロイド局所注射もできます。 慢性疾患ではありますが、気長に治療することでよい状態を保つことができます。

水虫

白癬菌(カビ)が皮膚に寄生して生じます。
全身のどこにでもできますが、特に足に多く、足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。
爪白癬の場合は、白濁したりぼろぼろ崩れやすくなります。
検査は、皮膚や爪を採取して、顕微鏡で直接白癬菌を確認します。数分で結果が分かります。

治療法

塗り薬、飲み薬があり、症状に合わせて使い分けます。塗り方のコツがありますので、都度説明いたします。

イボ(疣贅)

尋常性疣贅

イボにはいろいろな種類のものがあり、手や足にできやすいイボは「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」です。タコやウオノメと間違われることも多いです。
ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚の小さな傷から侵入して感染します。潜伏期間は3~6ヶ月で、自覚症状はなく、ウイルス性なので大きくなったり数が増えたりします。
治療は液体窒素による凍結療法で、通院が必要です。他に塗り薬、ヨクイニン内服などを追加することもあります。

水イボ(伝染性軟属腫)

ポックスウイルスの接触感染により生じます。イボの内容物が皮膚に付着することで次々と自家感染して増えます。
治療は、水イボ攝子でひとつずつ摘みとります。いずれ自然消退します。 プールに入ることについては、日本皮膚科学会などから統一見解がでています。

老人性イボ(脂漏性角化症)

中年以降の顔、頭、体にみられる良性のイボです。粘土を貼りつけたような褐色のイボで、シミから隆起してくることが多いです。
治療はしなくてもよいのですが、凍結療法や手術があります。

顔の小さなできもの

稗粒腫

1~2mmの白色調の小丘疹です。中に白色の角質が入っています。

汗管腫

1~3mmの皮膚色の小丘疹が多発します。目の周りによくできます。自覚症状がなく、悪性化することはありません。

エクリン汗嚢腫

顔に、2~3mmの皮膚色の小結節が多発します。夏に悪化する傾向があります。

※当院では上記いずれも摘除術を行っておりません。

帯状疱疹

過去にかかった水ぼうそうウィルスの再活性化により生じます。 加齢やストレス、疲労、免疫低下などが契機となり、潜んでいたウィルスが再び活動をはじめ、神経を伝わって皮膚に到着し帯状疱疹として発症します。
体の左右どちらか一方にピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状にあらわれます。
顔にできると顔面神経麻痺や聴力障害などの合併症が生じることがあります。 50歳~70歳代に多くみられる病気ですが、最近では若い人に発症することも珍しくありません。

治療法

ウイルスの増殖を抑える内服薬を飲みます。早期に治療することが大切で、痛みや合併症、後遺症の発生頻度を少なくすることができます。

予防接種(ワクチン)

帯状疱疹に罹られていない50歳以上の方には、予防接種があります。
お気軽にお問合せ下さい。

口唇ヘルペス

唇やその周りに水ぶくれを作り、ぴりぴりした痛みを伴います。 単純ヘルペスウイルスの接触感染が原因です。ストレス、体調不良、日光などが契機になり、再活性化して皮膚症状を繰り返すことがあります。

治療法

抗ウイルス薬の外用、内服を行います。
頻回に繰り返す場合は、予防内服という方法があります。

とびひ(伝染性膿痂疹)

細菌による皮膚の感染症です。水ぶくれやかさぶたのあるびらんになり、広がっていきます。接触によってうつり、火事の飛び火のようにあっという間に広がるため、たとえて“とびひ”といわれます。
ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌などが原因菌です。

帯状疱疹

治療法

症状が軽い場合は抗菌薬の外用ですが、必要に応じて内服を併用します。入浴して清潔を保ち、タオルや衣服は共有しないことも大切です。

プールへの参加については、日本皮膚科学会などから統一見解がでています。プールの水ではうつりませんが、触れることで症状悪化をさせたり、ほかの人にうつす恐れがありますので、治るまで禁止するようにしましょう。

できもの

粉瘤、脂肪腫、母斑、ほくろなどがあります。ダーモスコピーなどを使って診断します。

やけど(熱傷)

熱による皮膚の障害です。高温でもやけどになりますが、湯たんぽなどの低温でも長期接触により低温やけどになることがあります。
重症度は、やけどの深さによります。

治療法

応急手当としてすぐに冷却することが大切です。炎症を抑える、あるいは傷を治す治療を症状に合わせて行います。
広い範囲のやけど、深いやけどは早めに受診されて下さい。

脱毛症

円形脱毛症は、突然脱毛斑が生じます。頭に多いが、眉毛、わき毛などのこともあります。また単発のこともあれば多発することもあります。
原因は不明ですが、自己免疫異常も考えられています。

治療法

ステロイドの外用や局所注射、冷凍療法などで、多発型ではステロイドを内服します。

男性型脱毛症はAGAのサイトをご覧ください。

白斑症

色を作る細胞であるメラノサイトが減少するため、白斑をつくります。
原因は不明ですが、メラノサイトに対する自己免疫などが考えられています。

治療法

ステロイドやプロトピックの外用を主とします。化粧品で白い部分を隠す方法もご紹介いたします。

巻き爪

爪の辺縁が皮膚に食い込んで、皮膚が腫れたり痛くなります。反応性に皮膚が盛り上がって肉芽ができることもあります。
肉芽の処置として凍結療法や、テーピングを行います。爪の切り方も大切です。
難治性の場合は外科手術になることもあります。

しもやけ

寒冷暴露により生じます。繰り返すことで炎症が起き、冬に生じやすい。発症要因は気温だけでなく、発汗による浸潤や遺伝的要因も関与します。

治療法

寒冷暴露を避けます。ビタミンEの外用・内服、ステロイド外用、抹消血管拡張薬の内服などがあります。

水疱症(類天疱瘡、天疱瘡)

水ぶくれのできる病気です。先天性と後天性がありますが、ここでは後天性について説明します。水疱性類天疱瘡と天疱瘡が代表ですが、ともに自己抗体が産生される自己免疫性疾患です。

水疱性類天疱瘡

皮膚の基底膜に対する自己抗体が産生される水疱症で、破けにくい水疱を生じます。高齢者に多く、皮膚だけでなく口の中などの粘膜にもできます。
全身状態は概して良好です。

検査

血液検査と皮膚生検を行います。

治療

軽症な場合ステロイド外用のみですが、ステロイド内服に加え、ニコチン酸アミド、テトラサイクリン、免疫抑制剤などを併用することも多いです。重症例では免疫グロブリン投与や血漿交換療法を行います。

尋常性天疱瘡

表皮内の細胞接着分子に対する自己抗体が産生される水疱症で、破れやすい水疱を生じます。摩擦の多い背中やお尻などに加え、口の中にもできます。
検査と治療は、水疱性類天疱瘡とほぼ同様です。

膠原病

準備中

治療法

準備中

血管炎

準備中

治療法

準備中

虫刺され

蚊、ブヨ、蜂などの昆虫に刺されて生じる皮膚炎です。症状は個人差が大きく、すぐに赤みが出て軽快するタイプと、刺されてから数日で赤みがでるタイプがあります。

治療法

ステロイド外用や抗ヒスタミン薬を内服します。
蜂刺症の場合、アナフィラキシー反応(*)が生じることがあり、注意が必要です。
(*)アナフィラキシーとは、アレルゲン等の侵入により全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応です。皮膚に赤みがでたり、呼吸困難や血圧低下、意識障害を伴うこともあります。